保育について

保育理念

心技体のバランスを整え、全体と調和しながら光り輝く個性を発揮する子どもを育成する

全体との調和

保育目標

大きな夢、惜しまぬ努力

保育の流れ

「情緒の安定」
安心をすべての子どもたちに届けられるよう、職員全員が両手を広げ子ども達を向かい入れます。安心なくして子どもの成長はなく、保育教育を始めることはできません。誰もが職員の顔を見て微笑むようことができるよう努力いたします。

ho-01

「安定した成長」
授乳期から離乳食、最善の栄養バランスと運動、そして意欲。子どもたちは自然に育つことを知っています。その成長を妨げることなく、さらに人間らしく豊かになることを保育園はサポートします。各ご家庭との連携、無理のない日常、保護者の負担軽減、直面する多くの課題を共に考えられるよう努力いたします。

ho-02

「礼節」
子どもたちには、一つの形を示します。挨拶、返事をしっかりすることで、人とどう距離を保つのか、何を基準とするのか、敬うこと感謝する気持ちをしっかり育みます。生き方の選択肢は多くなっていますが、人としてのモラルを保つことは今も昔も変わらないと考えています。

ho-11

「共存」
自身の存在が認められ、自分を大切にし、個々の主張をはっきりと示しながらも協調を大切にすることを子どもたちは学んでいきます。長い人生の礎となる人の器は、やはり多くの人たちから認められることで大きく成長します。教えるのではなく、子どもたちと同じ目線で一緒に考える保育を目指します。

ho-04

「不思議」
自然に触れ五感によって感じる力を養った子どもたちは、興味がわき観察が始まります。風の心地良さや大地の暖かさの中で、たくさんの不思議を発見します。

ho-05

「考える力」
たくさんの不思議を知った子どもたちは、頭の中でそれを整理しようと試みます。得た知識を元にさらに観察したい、違うものを作りたい、独創的な発想が芽生え、考える力が生まれます。

ho-06

「豊かさ」
養育者やお友達とのやり取りの中でも色々なことを経験します。嬉しいこと、嫌いなこと、悲しいこと、楽しいこと。喜怒哀楽の中で、考える力はさらにふくよかなものになります。

ho-07

「想像から創造へ」
絵本を読むとき、子どもたちは、初めから字を読むのではなく頭の中で絵を動かしながら楽しい情景を想像します。そして、想像が、頭の中から溢れ出た時に字や数を覚えることで、子どもにとってさらに大きな空間を手に入れることとなります。想像を具体的に表現する術を知った訳です。幼児教育とは、「考える力」を養い、誰もが「夢」を抱けることと考えております。

ho-08