特定教育について

費用について

原則掛かる費用はありませんが、スポーツウェアなどの購入をお願いしております。

目的

卒園後、子ども達が無理なく学校の授業に臨めるよう、様々な幼児教育を行っています。 あくまでも過度な負担とならない程度の内容ですので、 小学校受験を前提とした教育のご要望にはお応えしておりません。

内容

こくご 5歳
「くしゃみって何?」先生が子どもに訪ねた時、子ども達はその情景を思い浮かべ、あたかもスローモーション動画を見ているかのように、ゆっくりと場面場面を言葉に置き換えていきます。「たくさんの空気が、いっぺんに口や鼻から出ること」とある男の子が答えました。言葉は、表現の道具として更に想像を広げることができ、講師は豊かな表現を得る楽しさを伝えます。4歳まで字は教えず想像力を高め、学習意欲の高まった5歳児になって、「こくご」の教室は始まります。最後は全員が45分間先生のお話を聞けるようになり卒園します。

ky-01

創作絵本
「想像から創造へ」想像力が高まった子どもたちは、創造というオリジナルな表現を獲得していきます。想像によって美しいものを作ることで、自分たちの能力をどう使えばよいかを知ることができます。その手法は、空想から、言葉から、絵からとまちまちですが、創作の世界に入った瞬間、子どもたちは、すべての大人を驚かせるほどの作品を完成させます。

ky-02

迷路と世界の話
世界の話をする中で、子どもたちは、メキシコとイタリアの国旗が似ていることに気づきました。そこで、両国の特徴的な食べ物や自然を写真で紹介し、みんなはどちらの国が好きかを多数決で競ったことがあります。誰もが、スーパーカーやピザのあるイタリアを応援すると思ったのですが、最後はメキシコが勝利したことがとても印象に残っています。先入観の少ない子どもの時代にこそ、楽しい情報を知らせていくことは大切と感じております。

ky-04

サッカー 4、5歳
プロのコーチから教えられる様々な運動方法は、子どもたちを飽きさせません。試合においては、ボールから目を離さないだけでも大変ですが、どこにボールが来るのかを察し、徐々に自分がどう動いて良いのかを体得していきます。施設間交流の柱となる教育です。

ky-05

スポーツ保育 3、4、5歳児
子どもに無理をさせるのではなく、練習することによって危険を少なくすること、そして達成感を味わうことは大切です。乳児期の十分な歩行によりしっかりと体幹を鍛え、3歳からは様々な運動によって体を柔軟に使えるよう指導します。

ky-06

音楽と絵画 3、4、5歳児
音や絵の素材が安易に手に入る時代、コピーしペースト出来る素材があれば、それに頼る教材が出回ることも仕方がないでしょう。しかし、保育園では、静寂と真っ白な紙の上で何が作れるのかを考えます。情操教育という感情や情緒を育むことは幼児期にしか出来ないことです。情操教育によって健全なる価値観が養われると考えます。

ky-08

英語(必修ではありません)
Apple を「りんご」と教えるのではなく、外国人が話す言葉や態度から、子どもたちが感じたことを行動で表現できれば、どんなシャイな児童も、言葉の壁を越えて相手と接することができます。うちゅう保育園では、そのような時間を持てる場合に限り英語教室をおこないます。

ky-09