法人について

社会福祉法人翠峰会理事長大庭良治

社会福祉法人翠峰会
理事長
大庭良治

ご挨拶

うちゅう保育園は、終戦間もない昭和25年、日本の未来を担う子どもたちにしっかりとした幼児教育、情操教育を提供するため作られた『反町幼稚園』が母体となっています。
創立50年の節目を迎え閉園となる幼稚園の跡地に、平成14年、社会福祉法人翠峰会を立ち上げ、当時としてはまだ珍しかった教育に力を入れた保育園として『うちゅう保育園たんまち』をスタートさせました。
開園以来、認可保育園という括りの中で様々な試行錯誤を重ねながら、利用者からの安心と信頼を受けられる保育と、子どもたちの向上心に見合う質の高い教育との両立に力を注いできました。
見るもの全てが新鮮な驚きと感動に満ちた乳児期、好奇心とチャレンジ精神で胸がいっぱいの幼児期の6年間を、決して無駄にすることのないよう、子どもたち一人ひとりの『知りたい・やりたい』のサインに応じて、喜び溢れる生活の場を創り上げていきます。

大切にしたい3つの安心

1.こどもの安心 1.こどもの安心

園はこどもたちにとって
安心できる場所。

乳児期には思いを充分に受け止め、幼児期には、一つでも多くの興味を引き出せるよう配慮し、5歳児では、学びたい気持ちをしっかりサポートします。
*保育教育のバランスを保ちます。

2.働く人の安心 2.働く人の安心

園は安心して働ける場所。

夢や希望を持ち、問題に正面から取り組み、職員が一体になれる環境です。
*福利厚生の充実

3.社会の安心 3.社会の安心

園は社会に安心を届ける場所。

保護者の負担を軽減し、親子が一緒に過ごせる時間が少しでも長くなるよう努力し、十分な安全対策と個々への配慮を忘れず、皆様とともに不安をなくしていきます。
*徹底した感染予防
*Web環境の充実

社会福祉法人翠峰会について

所在地
横浜市神奈川区上反町1-10-5

設立
平成14年2月15日

運営施設
うちゅうこども園たんまち
うちゅうこども園やまて
うちゅう保育園かまくら
うちゅう保育園やました
うちゅう保育園みなとみらい

職員数
99名

理事長
大庭良治

理事
大庭郁江 髙橋和子 酒井誠子 岡野悠子 奥村絵理

監事
高宮徹 三宅未来

評議員
福井康朝 鈴木美佐子 小田桐英人 下川健一 
山口正子 山中あけみ 鴫原晶子

法人沿革
平成14年2月
社会福祉法人翠峰会 設立
平成14年4月
うちゅう保育園たんまち 開園
平成18年4月
うちゅう保育園やまて 開園
平成27年4月
うちゅう保育園かまくら 開園
平成28年4月
うちゅう保育園やました 開園
平成31年4月
うちゅう保育園やまて が うちゅうこども園やまて に移行
令和元年7月
うちゅう保育園みなとみらい 開園
令和2年4月
うちゅう保育園たんまち が うちゅうこども園たんまち に移行
平成14年2月
社会福祉法人翠峰会 設立

法人理念
うちゅうのように全てのものを受容する世の中の大きな器となる